« 2018年9月 | トップページ | 2019年1月 »

2018年10月

ポ母がトリミング―(*^。^*)

前回の記事に繋がるかしらん?というわけで・・・

今日、こん太のお家トリミングをしてみました

シャンプーのみなら半月に1度汚れた時にしていますからOKOKですが


は~い今日は少し伸びてしまったスタイルをバリカンとはさみ使いカットスタイリングまで頑張ってみました~。

ユーチューブでのお勉強もしっかりとしてからいざ
Img_1280

Img_1386 どうですか~(*^。^*)

身体の方はまだモコモコ具合がちょうど良いのでカットはせずに

お顔と頭の丸い感じと、お耳の無駄毛整えました。

おなかもバリカンですっきりさせて、おちりの周りもバリカンです。

まっ、あまり切ってないこともありとら刈りくんにはならずに済んだかと思います。

これを機会にお家トリミングもっと頑張ってみようと思います

ふわふわこん太くんの出来上がり

| | コメント (6) | トラックバック (0)

犬の肛門腺のおはなし

今日こん太の肛門腺を私が初めて絞りました

超驚いた・・・・お色が・・・はじめて見るお色でしたので

慌てました。

こん太は毎月1度ペットサロンにてシャンプーカットコースでトリミングをしてもらっています。

ですから肛門腺絞りのケアはだいたい平均月1で良しとされているので、サロンのコースメニューに含まれており私の出番がなかったわけです。

以前こん太が若い頃(2,3歳頃)、、サロンの予約が近くなってくると お部屋で遊んでて興奮しすぎたり、ハイテンションで吠え声あげた時など勝手に飛び出ちゃうこともあったのです(1カ月経つので溜まってる状態ですね)

その頃の分泌液のお色が目でみて分かる茶褐色で、 先代犬のゴールデンレトリバーのポーリーとまったく同じ物だったのです。

Img_3684
ところが、 今日私が絞り出したこん太の分泌液のお色は、クリーム色でした。


えええ?なに・・・どうして・・・?何この色・・・ 病気だったらどうしようとドキドキしながらすぐに調べてみますと 肛門腺分泌液はそのこそのこ個体差があっていろいろなお色があるということがわかりました。
Img_0967


先代犬ポーリーはこん太と真逆でサロンに行く事が年に1,2度あるかないか。
サロンにいかなくてもお家で私が3週間ごとにシャンプーをします

ゴールデンレトリバーは飾り毛が特徴ではあるものの、エンドレスに伸び続けるわけではないですからカットの必要性がなく、せいぜい飾り毛の毛先を整えてもらう程度です。

もっぱらおうちシャンプー&肛門腺絞りも私がしてましたから 分泌液はこういうもの!と思い込んでいたのですね~ 。

プードルはシングルコートで毛が抜けにくい。 だがエンドレスに伸び続けるのでカットが必要私にカット技術があればきっとお家カット&肛門腺絞りのケアもしてもっと早くにこの違いを知っていたのでしょうね。

それにしても昨今何でもすぐに調べる事が出来る時代、心配事もすぐに解消できる。本当に有難いことです。

サロンのトリミング予約をキャンセルしたのは日程的に来店できないことになり、ですが。。。この際私がもう少し勉強してテディベアカットとかできたらいいんだけどな~。頑張ってみようかな~。ちょっとこわいぞ~テディベアのトラ刈りいっちょうあがり~なんて・・・キャー

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2018年9月 | トップページ | 2019年1月 »