フォト

ハシビロコウアニメーション

伊豆高原わんわんパラダイス

  • Dh000006k
    ポーリーの姉妹犬、「ルルちゃん」のお父様から伊豆高原わんわんパラダイスを教えて頂き、ワン連れ旅行に初めてトライした時の写真からルルちゃんとの7年目の再会の写真です。

みゃあとの日々

  • Img008
    2006年1月みゃあは10歳で旅立ちました

小さな頃など

  • Img013
    小さくてフワフワだった頃の懐かしい写真からブログアップ前までの写真です

光輝くステンドグラス

  • 001
    ステンドグラスコレクション[LoRis PAW]

姉妹の山中湖

  • Ap2375se
    「ルル日和」ルルちゃんのお父様に撮影していただいた貴重なアルバムです (ライトグリーンTシャツがルルちゃんです)

姉妹の八ヶ岳

  • 005
    2007'秋ルルちゃんとポーリーの姉妹旅行です

« いかんね | トップページ | 三十五日 »

2011年8月29日 (月)

ひとつきが経ちました

ポーリーが虹の橋にいってからひとつきが経ちました

Cimg7444

あの日の朝、もう立つことが出来なかったポーリーを

お父さんが「よいしょ」ってポーリーの体の位置を変えてあげて

その時「ぐきっ」と自分の腰を痛め

騙し騙しで仕事へ行ったものの、結局騙し切れずに会社早退し

馴染みの整体に寄ってからの早帰りしてました

Cimg6833 娘は前の日に仕事が終わったあとポーリーの介抱するんだと帰ってきていました。今年4月に転勤の為家をでてしまいましたがポーリの病気を知ってからは休みの度にきていたんです

お兄ちゃんはいなかったけど、ポ父とお姉ちゃんと私家族達が揃ってる時に空にあがっていきました

Sn3g0159 ポーリーの病気が分ってから、パートを休職しずっと傍にいて

もしかするとポーリーと私の11年間の月日で、片時も離れずに一緒にいられたのははじめてだったかもしれないなぁ

Sn3g0166 今はパートも復帰し日数もあえて増やしてもらいました。ポーリーがいないと一日が静やかに長い、持て余す時間。掃除でも丹念にすればいいのか、、、掃除ぃ、、、途端にお尻が重くなる。

散歩した土手もたまに気持ちがピッと向くと1時間程歩いています。

いつもいつも何度も何度もポーリーと歩いた土手は辛い気持ちがわくのかな、と思ったりもしましたが、、イエイエ私は逆でした。。なんだかとっても歩きたくなる。お母さんひとりの体になっちゃったけど土手歩きしたい!って思うことがしばしばあるんです。なんでだか自分でも不思議ですがきっと私とポーリーとの間で何かそうさせる何かがあるんだなって受け止めています。

ただ、今は当分行けない場所が他にひとつ出来てしまいました。

車の免許を4年前に取得した私が、いつかポーリーを連れて行きたいと目標にしていた東京の山の方○○渓谷。季節がくると、あの美しい川でポーリー泳がせてやりたい、連れてってやりたい・・・いつもいつも思い続けるだけで終わってしまった目標の場所。

先日ポ父が日帰り温泉でも行くか!って○○方面・・・。行きたくないと言ってしまいました。

「行けない場所だ」なんて決めつけてはいけないのかもしれませんが、今は行かない。

でもきっとポーリーは云ってるかな

お母さん、ポーリはスイスイ出来るならどこでもいいんです~って・・・

Cimg6609

« いかんね | トップページ | 三十五日 »

コメント

こんにちわhappy01

ポーリー母さん、お仕事お疲れ様ですsign03
ポーリーちゃんとの、思い出の場所が
いっぱいあるのは、ポーリー母さんファミリーが
たくさんポーリーちゃんと遊んだ証ですねnote

ポーリーちゃんは、家族全員から
本当の愛情をいっぱい貰ってたねheart02
行けない場所があって当然っgood

土手の散歩は、ポーリーちゃんが
外の空気でも吸ってリラックスしてsign03
って、言ってるみたい…confident
ポーリーちゃん、良い子だもんhappy01

今朝目が覚めて、あぁ~、ポーちゃんの1ヵ月目の
月命日だなって思ってました。
ポーちゃん、ご家族に見守られて息を引取ったん
ですね?
ポーリー母さんパートの日数を増やしたの?
頭の中では解っていても、気持ちが付いていかない
事ってありますものね~
でも、無理をし過ぎずにね♪
ポーリー母さんが身体でも壊したら、そっちの方が
ポーちゃん心配すると思うから。。。

1ヵ月。。
ポ父さん腰の具合はどうですか?
うちの父さんはやっぱりミルミルが亡くなる数日前だったかにミルミルを階段抱っこしてて足踏み外し支えこらえて膝を痛めました。その痛みが未だ治らないことがなんだかうれしいみたいです^^;
その痛みでミルミルがいたことが感じられなんかまだ繋がっているような気がするのでしょうね。

ポーちゃん一筋愛して愛して貫いて潔くお空に送り、亡くした淋しさも正面から受け止めてがんばってるポー母さん偉いなぁって思います。
(我が家はそれが耐えられそうになく多頭飼いになった弱虫デス^^;)
今はまだ虹の橋雨降り地区に滞在中のポーちゃん。
そろそろ出ようかなといつかきっと言ってくるからね。
聞き逃さないでね^^

1ヶ月ですね。。
虹の橋での生活には少しは慣れたかな?
優しいポーちゃんはママといつも歩いた土手散歩を
しているママの事を見て喜んでくれてると思います
そして一緒に歩いてくれてるんですよ~

ママさん、無理しないでゆっくりゆっくりね♪

diamondく太さま

く太さんありがとうhappy01ポーリを連れてわん連れ旅行やおでかけというのを知ってからはもういつも中心にポーリーだったので、デビューは遅めでしたが本当に楽しい思いを沢山してきましたぁ。。
計画立ててる時から楽しくて、その日を指折り数えて、ポーリーのハイテンションぶりに本当に幸せいっぱいもらったなぁって。
土手の散歩も、ポーリーの庭ってくらいに通い続けて
太陽、月、星、雲、風、におい二人でいつも同じ空の下を感じていたから大切な場所になりました。
そうですね、
リラックス出来る場所になったんだな~。。
深呼吸して、散歩わんこさんにあいさつして
多汗ですが満足で歩いています( ´艸`)プププ

diamondメルママさま

メルママさんありがとう~happy01体を壊さないでいないとポーリーが心配しちゃうよね。
お年頃が手伝って辛い時期もありましたが、今少しづつ増えてきましたよー笑ってられる時間good
パートの帰り道は、・・急いで帰らなくていいということがまだまだ悲しいけど、仕事してる時は時間があっという間だし( ^ω^ )
ポーリの最期を家族3人で看取る事ができたこと、いつもお家ではお父さん怖い、、って私にべったりだったのに、お出かけすると途端にお父さんを頼りにしてたポーリーらしいなって感じました。。お父さんに付いてて欲しかったのですね。
娘ともきょうだいのごとく過ごしてきたポーリーだからお姉ちゃんが帰ってくる日まで頑張ったんだなってみんなが家にいた夕方4時前でした。
娘が「ポーリーは根性の子だったね」って。私もポーリーの根性を『ポー根』を自分の中に育てたいです(゚▽゚*)

diamondlomiaさま

ローミーかあさんありがとうですhappy01一筋愛して~、と云っていただいてまたもや涙が止まらなくなっちゃったです~。私はほんとちっぽけでポーリの存在不在にこんなにもコントロール失い、弱い部分を再確認しちゃって・・・も少し強い自分を凛とお伝えできたなら良かったのに。。でもこんな私の性質をも受け止めていただいてローミーかあさんほんとにありがとうございます。
ポーリーに私もきょうだいを迎えてあげたっかったと
ポーリーがいなくなってしまってから今凄く強く思っています。やがて入るお墓にポーリーひとりじゃ寂しいかなって思ってしまいます。虹の橋でポーリそのもの魂は輝いていても、この愛しいお骨がお墓にひとりは。。。って。こんな思いがわいてくるとは思ってなかったのですが、今凄くそれを思います。ひとりっこを通させてしまったポーリーにごめんねきょうだい欲しかったねと。
自分の心が砕けぬようにと、お墓に入るポーリお骨が寂しくないようきょうだいを迎えるべきだったとこうなってから気づいた私です・・・weep
少しづつ雨降り地区から先へとポーリが歩いてくことをキャッチしなきゃですねポーリーを安心させてあげたいですraindogsun

diamondYURIさま

YURIさんありがとう。。happy01お骨に向かって「ポーリ今日はそちらで何して遊んだの?スイスイしたかい?」「先輩方みんなに会えたかな」「さっ、土手歩いてくるよ、ポーリも一緒についといで」って
たくさんお話しています。お骨が今私の中で唯一かたち有るものだから愛しくて愛しくて、小さなこのお箱に手をあてなでています。。。あっでもひとりの時( ´艸`)プププ
土手に行く最初日は行こうと思ってしたくしたのに玄関でリードを目にして、、またもや・・・cryingだったんですが、この時凄く凄く泣いたからなのかなんなのか、、その後気持ち良く1,2、1,2って汗だくになってきました。
歩いてて気持ち良くて、ポーリと一緒に感じた川の流れをまた同じ気持ちで感じて歩けたんですね。毎日じゃなくて仕事が無い日、早く目が覚めた時に散歩してますnote
心がどうかなりそうで無理にご飯食べてた頃もありましたが、今はだいぶん自然な気持ちで過ごせるようになってきました。。心のままゆっくりとですねclover

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« いかんね | トップページ | 三十五日 »