フォト

ハシビロコウアニメーション

伊豆高原わんわんパラダイス

  • Dh000006k
    ポーリーの姉妹犬、「ルルちゃん」のお父様から伊豆高原わんわんパラダイスを教えて頂き、ワン連れ旅行に初めてトライした時の写真からルルちゃんとの7年目の再会の写真です。

みゃあとの日々

  • Img008
    2006年1月みゃあは10歳で旅立ちました

小さな頃など

  • Img013
    小さくてフワフワだった頃の懐かしい写真からブログアップ前までの写真です

光輝くステンドグラス

  • 001
    ステンドグラスコレクション[LoRis PAW]

姉妹の山中湖

  • Ap2375se
    「ルル日和」ルルちゃんのお父様に撮影していただいた貴重なアルバムです (ライトグリーンTシャツがルルちゃんです)

姉妹の八ヶ岳

  • 005
    2007'秋ルルちゃんとポーリーの姉妹旅行です

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月

2011年8月29日 (月)

ひとつきが経ちました

ポーリーが虹の橋にいってからひとつきが経ちました

Cimg7444

あの日の朝、もう立つことが出来なかったポーリーを

お父さんが「よいしょ」ってポーリーの体の位置を変えてあげて

その時「ぐきっ」と自分の腰を痛め

騙し騙しで仕事へ行ったものの、結局騙し切れずに会社早退し

馴染みの整体に寄ってからの早帰りしてました

Cimg6833 娘は前の日に仕事が終わったあとポーリーの介抱するんだと帰ってきていました。今年4月に転勤の為家をでてしまいましたがポーリの病気を知ってからは休みの度にきていたんです

お兄ちゃんはいなかったけど、ポ父とお姉ちゃんと私家族達が揃ってる時に空にあがっていきました

Sn3g0159 ポーリーの病気が分ってから、パートを休職しずっと傍にいて

もしかするとポーリーと私の11年間の月日で、片時も離れずに一緒にいられたのははじめてだったかもしれないなぁ

Sn3g0166 今はパートも復帰し日数もあえて増やしてもらいました。ポーリーがいないと一日が静やかに長い、持て余す時間。掃除でも丹念にすればいいのか、、、掃除ぃ、、、途端にお尻が重くなる。

散歩した土手もたまに気持ちがピッと向くと1時間程歩いています。

いつもいつも何度も何度もポーリーと歩いた土手は辛い気持ちがわくのかな、と思ったりもしましたが、、イエイエ私は逆でした。。なんだかとっても歩きたくなる。お母さんひとりの体になっちゃったけど土手歩きしたい!って思うことがしばしばあるんです。なんでだか自分でも不思議ですがきっと私とポーリーとの間で何かそうさせる何かがあるんだなって受け止めています。

ただ、今は当分行けない場所が他にひとつ出来てしまいました。

車の免許を4年前に取得した私が、いつかポーリーを連れて行きたいと目標にしていた東京の山の方○○渓谷。季節がくると、あの美しい川でポーリー泳がせてやりたい、連れてってやりたい・・・いつもいつも思い続けるだけで終わってしまった目標の場所。

先日ポ父が日帰り温泉でも行くか!って○○方面・・・。行きたくないと言ってしまいました。

「行けない場所だ」なんて決めつけてはいけないのかもしれませんが、今は行かない。

でもきっとポーリーは云ってるかな

お母さん、ポーリはスイスイ出来るならどこでもいいんです~って・・・

Cimg6609

2011年8月20日 (土)

いかんね

うちってこんなに広かった?と感じて

なんか静かすぎるよーって思って

階段を下りると急いで追っかけてくる足音がなくて

階段を上がると後からダッシュで上ってきて私を追い抜いていく

ほんとにいなくなるんだって・・・

いないということ・・・そんな現実を痛く感じて暮らしています。

ポーリー、こんなお母さんでごめんね。心配かけたくないんだけど、まったくもって泣き虫弱虫なお母さんだよ、

Sn3g0174ケセラセラ・・・なるようになるさ・・・って気楽に明るくがモットーだったのに、ポーリーがいなくなっちゃって寂しくて寂しくて、

ポーちゃん、お母さんはまだまだポーちゃんと一緒にいたかったよ。って思っちゃって。

いかん、いかんね

スーパーに買い出しに行ってきたよ、でも

果物売り場で食べれるフルーツ探すとき

お肉売り場で鳥のささみをみたとき

ペットコーナーを横切る時に

涙が溢れてくるんだよ

Cimg6069 いかんね、お母さん、

ポーリー、命一杯生きてくれたのにね、

でも、お母さん頑張ってるよ、お友達から頂いた言葉をひとつひとつ思いかえして心に植えつけています。お母さんの特効薬です。

今日は悲しいひとりごと、、いっちゃった、

いかん!ね。。

明日はポ父と出かけてきまっすsign03

さて・・・・どこいこ・・・・。

2011年8月14日 (日)

気持ちいいね

11, 5,27写メ

Sn3g0168

2011年8月 6日 (土)

ポーリーのメラノーマのこと

初七日が過ぎて、少しづつですがひとつひとつの気持ちに整理が出来るようになってきました。急に溢れてくる涙は止まりませんが、それと同時にポーリーが近くでニコニコとこちらをみてるそんな気配をとても感じ、元気なその頃のような時間を過ごせてる時があります。

皆さんに少しだけ、ポーリーのメラノーマのこと、今日はその日にさせてもらいます。もし、我が事のようにお心せつなく感ずるお友達にはどうか今日のこの記録は読まずに飛ばしてくださいますようにお願いします。

口腔内悪性黒色腫(メラノーマ)

悪性度の高い癌で、ポーリーの診断時もすでに肺転移と下顎リンパ節への転移が認められました。

獣医から、ポーリーの余命6月いっぱい、7月を迎えられるか末期とのことでした。

メラノーマが爪や皮膚にできることは知っていましたが、私は恥ずかしいことに口腔内にメラノーマが出来ることをそれまで知りませんでした。(ここから先の綴りはポーリーの場合になりますので、同じ病気と闘っておられる方の参考になるのかどうかわかりませんが失礼します)

発症時の癌のかたち

欠けて落ちていた歯は、一番奥の上の歯(右側)でした。獣医にその歯を持って見せると、歯根が溶けて落ちたものというふうに言われました。

その歯茎部から上顎にかけて、潰瘍状態での発症でした。おできが出来るという形では無いものでした。

振り返って最初の異変が今年3月だとしたなら、5か月間の闘病期間となりました。

ポーリーはこの期間中もとても元気に過ごしてくれる日が多く、いつもの食欲、いつもの笑顔、で、病気が分ってからも「ほんとに癌なのか?」と疑うこともありました。

口の癌と肺と下顎リンパ節の3か所のメラノーマが、日を変えて1か所づつ進行しているのがみえる症状でした。

Cimg7277 ひとつがむくむくと動いても、翌日には治まったり、しぼんだりをしていたように思います。そして写真のこの夜から容態が悪くなっていき今思うとこの最後9日間が末期の闘いだったと思います。

でも、そんな最も辛い旅への支度の中でもいい状態のポーリーがいて、そんな折に撮った写真を載せます。

Cimg7292

Cimg7294 親戚まろんちゃんの名づけて「まろんちゃんメロン」美味しく頂いたねポーリーhappy01

Cimg7298

Cimg7300 メルママさんのおやつはポーリーの大切なおやつタイムでしたhappy01

Cimg7317

Cimg7320

Cimg7334

Cimg7336

初物のフルーツは、大好きだったもの食べさせたくて、スーパーに並んだ梨をみつけた時に大喜びした私でした。

獣医から云われていた

お顔の変形・脳への浸潤・咳・内臓のダメージがほとんどなかったこと。そしてポーリーが一番好きなこと・・最後立てなくなるその時まで食べることそれができたことが有難かったと心から思います。

獣医へ通院7月12日には体重29キロ、ちょっぴり増えてるという食いしん坊ポーリーらしい変化もありましたhappy01

9日間苦しい期間のポーリーでしたが、ずっとお家で過ごすことができたことほんとに幸せなことだったと思います。

7月の1か月間もの時間を私や家族にプレゼントしてくれたポーリーに今は虹の橋で思い切り美味しい空気をいっぱい吸ってほしい、先輩犬さんたちとずっと仲良しでみんなでいてほしい、おかあさんがいつか行くまで、その時までニコニコさんで待っててねと思います。

最後まで読んでいただきましてありがとうございました。

闘病中のかわいこさんも、ポーリと同じ病のかわいこさんも、どうかどうか穏やかな日々をゆっくりゆっくりと過ごしてほしい願い祈ります。

夏真っ盛りの暑さと不安定な空模様が続く最近ですがどうぞ皆様もお体大切に、そしてかわいこさん達との夏を思い切り楽しんでくださいませ。楽しい夏のみんなの笑顔に会いにポンとお邪魔させてくださいませ。。。clover

2011年8月 3日 (水)

御礼

皆様方へ

ポーリー元気な頃にはたくさん可愛がって頂いて、一緒に遊んでくださって、

闘病生活に入ってからも大きな応援、励まし、お力、お見舞いをいただいて、

旅立ちにはお心優しいメッセージ、お花を

ほんとうにありがとうございました。

Cimg7410

なにからどう話したらよいのかが、まだまだ自分の中でまとまらず、

とにかくまずは、今この大変有難くて申し訳ない気持ちと同時に嬉しくてポーリーも一緒に喜んでくれてるのがわかるこの思いを皆様にお礼の日として伝えさせていただきます。

ポーリーの旅立ちに前記事にコメントをくださりました皆様、

ルビママさん ポー母さん く太さん ♪メアままたんさん lomiaさん バロン母さん父さん クリームくんミントちゃんママさん まろくりママさん メルママさん 楓ままさん YURIさん マカマノママさん はなのあママさん

温かなお言葉を本当にありがとうございました。この場を借りましてお返事とさせて頂きますことお許しください。ポーリーも私も大変嬉しくちゃんとお言葉頂戴しました。

そして小さくなって帰ったポーリーの場所にこんなにたくさんものお花でお花畑を作ってやれるなんて、おもってもみなかったのでただただ感激で、ピンポンがなってお花を手にするたびに、嬉しくて嬉しくてそのたびに涙しておりました。

ひとつひとつご紹介させてください。。。

Cimg7360

Cimg7361

Cimg7363 Cimg7370 Cimg7371 Cimg7373 Cimg7380 Cimg7384 Cimg7389 Cimg7394 Cimg7399

Cimg7408

言葉ではいいつくせない、皆様お友達への感謝の気持ちが今また、

ポーリーが虹の橋へといった

この今の私をとてもとても支えてくれています。。。

本当にありがとうございました。

そして、ポーリーが眠りについた最後の写真を

この下へ載せます。

もし、お辛いお友達のかたは、

このへんで閉じていただきますよに

お願いいたします。

cloverdog

ポーリー

Photo

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »