フォト

ハシビロコウアニメーション

伊豆高原わんわんパラダイス

  • Dh000006k
    ポーリーの姉妹犬、「ルルちゃん」のお父様から伊豆高原わんわんパラダイスを教えて頂き、ワン連れ旅行に初めてトライした時の写真からルルちゃんとの7年目の再会の写真です。

みゃあとの日々

  • Img008
    2006年1月みゃあは10歳で旅立ちました

小さな頃など

  • Img013
    小さくてフワフワだった頃の懐かしい写真からブログアップ前までの写真です

光輝くステンドグラス

  • 001
    ステンドグラスコレクション[LoRis PAW]

姉妹の山中湖

  • Ap2375se
    「ルル日和」ルルちゃんのお父様に撮影していただいた貴重なアルバムです (ライトグリーンTシャツがルルちゃんです)

姉妹の八ヶ岳

  • 005
    2007'秋ルルちゃんとポーリーの姉妹旅行です

« どうしよ・・・・・ | トップページ | ありがとうございます »

2010年8月12日 (木)

子猫のこと

皆さまにもご心配と温かなお気持ちを寄せていただいたこの子猫ちゃん、保護するまでの経緯を記そうと思います。

隣のくろちゃん(成猫)が暮らすお宅に、太ったのら猫が現れ数度甘えにきていたそうで、(母猫ですね)そのうち姿をみなくなったと思ったら、、ある時その太った猫がほっそりと痩せた姿でこの子猫を引き連れて又やってきたんだそうです。

子猫を従えて足を運ぶ母猫は、そのうち子猫をひとり残して姿を消したそうです。不憫に思った奥さんがえさやミルクを与えて気にかけていたそうです。

我が家ではお隣宅で起きていたことに気づくことが出来ずに子猫の存在も知りませんでした。我が家の一角でその子猫がトイレ、(家裏の通路ではない庭の横の一角)奥さんが教えてくれたことで子猫の存在を知りました。

1週間ほど前のこと。

子猫は少しずつ奥さんの家内にも出入りするようになったそうですが、そこで困ったのがくろちゃんと子猫の関係性だったそうです。

我が家の先代猫みゃあ”のこともよく知っている奥さんが、先日の火曜日子猫を抱いて我が家のピンポンdoorを鳴らしたのが経緯となりました。

042 すぐさま来院して健康チェックをしてもらった、この子猫は

生後3,4か月らしい。

メス。

お耳の検査、ダニ無し。

乳歯が生え始まり。

栄養状態・皮膚状態も良好、ですがノミがたかっていましたので

瞬時に退治の薬を体にスプレー治療。

一週間後には、ワクチンと検便とノミ退治の別タイプの薬。

2か月程先には避妊の手術手配。

067 帰宅後には、もうすっかり名前を考えていた私でしたが・・・

白熱の家族会議でポーリーの妹分家族として迎えることは叶いませんでしたweep

事情を理解してくれた隣の奥さんがひとまず子猫を預かりしてくれて、一緒に里親探しをすることとなりました。

002

子猫が戻ってきて落ち着かないくろちゃん。

003 不思議な母猫の行動、そして出会ったこの縁。里親さんがみつかるまで、奥さんと一緒に頑張ろうと思います。

願いが叶うとしたなら、くろちゃんがこのおちびちゃんを受け入れてくれることです。

そうしたら見えてくる一本の道。。

ポーリーの親戚さん、お友達の皆さん、気にかけていただきましてほんとにありがとうございました。

« どうしよ・・・・・ | トップページ | ありがとうございます »

コメント

あ~そうでしたかぁ~。。。
母猫はお隣の奥様にこの子猫を託して姿を消したのですねぇ。
母猫なりに考えての行動・・・
人間の世界では暴力による虐待、そしてネグレクト・・・
いとも簡単に親が子供を・・・
見習ってほしいものですね。

本格的に里親さんを探すようでしたら、
声を掛けてくださいね。
拙いブログですがリンク貼るなど、お手伝いさせてください。

一つ前の日記を読んで、もしや?ポーちゃんに妹が!?って思いましたよ〜
家族会議は白熱したんですね^^
可愛い白黒ちゃん、良い縁があるといいですね〜!

お隣のクロちゃんのお家なら面倒みてくれると母猫さんは思ったんでしょうね〜!
母性ですよね!

↓ポーちゃんのアレルギー性皮膚炎は大丈夫ですか?
ドルバロンはうちも必須アイテムです^^;

そんな事情があったのですね~!

ポーリー母さん、名前まで考えたなんて・・

心優しい人たちだったから、母猫もこの
子猫を託して姿を消したんですね!

ホントに可愛がってくれる里親さんが
1日でも早く見つかるよう心から祈って
います。

flagルビママさま

温かな応援を本当にありがとうございました。
動物達との縁というのもほんとに不思議を感じます。
みゃあとだぶって子猫想う以上の気持ちが湧いてしまいました。
命あることに生きるを全うしてほしいです。

優しいお言葉に、心強く心がほっとしました、ほんとにありがとうございますhappy01clover

flagマカマノママさま

みゃあがいた時には、お姉ちゃん猫だったので、ポーリーを挟んで今度は妹分猫だって当の私も考えながらのこの日だったんですが・・・。
うちのこにすることが出来なかったのが残念でなりません。
子猫を眺めてお尻尾をぶんぶんさせてるポーリの想いもすごく嬉しかった出来事でした。
見守ってくださってありがとうございました。

ドルバロンってポーリーはじめての処方だったんですが、アゴカイカイの頻度が減ってきて安心してます、ママさんとこもお使いでしたか~。アレルギーぶっ飛ばせ!ですねhappy01good

flagメルママさま

温かな応援見守りをほんとにありがとうございました。母猫の想いと無邪気な子猫の姿に胸が熱くなります。
子猫のサポートはなんとか避妊まで目を離さずと考えています。
母猫のらは・・・と思うと心配がつきないのですが、
出来ること、小さなことでも少しづつ!って思います。

小さな命!絶対大事ですものねhappy01shine

この記事へのコメントは終了しました。

« どうしよ・・・・・ | トップページ | ありがとうございます »