フォト

ハシビロコウアニメーション

伊豆高原わんわんパラダイス

  • Dh000006k
    ポーリーの姉妹犬、「ルルちゃん」のお父様から伊豆高原わんわんパラダイスを教えて頂き、ワン連れ旅行に初めてトライした時の写真からルルちゃんとの7年目の再会の写真です。

みゃあとの日々

  • Img008
    2006年1月みゃあは10歳で旅立ちました

小さな頃など

  • Img013
    小さくてフワフワだった頃の懐かしい写真からブログアップ前までの写真です

光輝くステンドグラス

  • 001
    ステンドグラスコレクション[LoRis PAW]

姉妹の山中湖

  • Ap2375se
    「ルル日和」ルルちゃんのお父様に撮影していただいた貴重なアルバムです (ライトグリーンTシャツがルルちゃんです)

姉妹の八ヶ岳

  • 005
    2007'秋ルルちゃんとポーリーの姉妹旅行です

« 白&黒 | トップページ | おはよ☆ »

2007年11月10日 (土)

ポーリーのてんかん

はじめての発作が、2歳10か月の頃です。季節は冬から春へと変わる頃、とある午前中。

突然、火でもついたかのごとく、部屋をダッシュで走りだし、体が真っ直ぐに立っていられないので、傾きながら転ぶ。最初こちらも事の成り行きが読めずにただその状態をみつめるしか出来ません。

くりかえし、走りだそうと4つ足をバタつかせるので、覆いかぶさり抱きかかえ、治まってから病院まで行きました。(徒歩)

「癲癇発作」この時は確か注射の処置のみで帰ったと思います。様子をみるように言われて。

001 予後が良好で、次の発作が起きるまで3年間、てんかんのことさえ忘れかけていた時に再発。

2度目の発作、5歳と10か月の頃。冬から春に変わる同じ季節、夜。

家族で夕食中、テーブル下で静かに待機中のポーリーの体に異変です。

カタカタカタカタ ガタガタガタガタ バタリバタリドタリ 皆の足に少しずつ触れていたポーの体が、震え痙攣、目が泳ぎ呼吸がみだれ。

とっさに「夕方の散歩で、何か食べたかっ・・」「心臓がへんなのか・・」「脳か・・」わけも解らず、ただ治まりを待ち、夜間受け入れの可能だった病院へ。向かう途中に車内で再発作、失禁。

血液検査と症状から、「癲癇」と正式に診断されました。抗てんかん薬を処方されて様子をみるも、1ヶ月後の早朝、軽発作。この時の発作症状は、四つん這いに固まり全身が痙攣するというもの。

発作中の時間経過が重要ですが、ポーリの場合その都度5~10分間の発作です。

002 で、またもその後の予後良好で、1年半ぶりに今回の発作となりました。

薬も飲んでいない現在でした。

秋から冬に変わっていく季節の変わり目。

散歩に出る前の、安静時、全身の痙攣が突如起きて、四つん這いで固まり5分間。

ただ、擦る、からだを擦って、ポーリーの不安を取る。治まりホッとするもつかの間、20分後に再発作。この再発作が、バタンと四つ足が脱力、不規則な四つ足の暴れ・心臓の激しい鼓動・失禁と、少し重い発作の症状となってしまいました。

ー・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・003

今回はふらつき・足のもつれ・しりもちが後遺症であります。

後ろ足をこんなふうに、してるのがポーの場合不自然で、股関節を痛めてしまったのか。

もしくは、薬の血中濃度を調べ中ですが、どちらにせよ、はっきりとするはずです。

全身状態を診る為の内臓系血液検査は、全て問題無しでした。(良かったぁ)

右目瞳の白い点は、角膜の傷から出たものでした。その傷は時間経過もあって完治していたので、この白点は、薄らいで消えていくそうです。

今後は癲癇という持病を受け入れ、薬を上手に与えてますます元気に過ごしていこうと考えます。

そして、ご心配をくださりましてごめんなさい。ありがとうございます。頬の傷から瞳の影、今回持病の発作と、なんだか続いてしまいましたが、もう大丈夫です。

そして、ポーリーと同じ病気で闘っているワン家族の皆さんも、どうか病気には勝ちましょう!頑張りましょう!!!

« 白&黒 | トップページ | おはよ☆ »

コメント

前回の記事から今回の記事までドキドキしながら待ちました。
そして今回の記事やっぱりドキドキしながら読みました・・・
ポーちゃん大変だったね・・・とっても心配。
今は落ち着いてるんですね?
持病を受け入れて・・・って辛いけど ポーリー母さん頑張ってください!
ポーちゃん応援してるからね♪sophyの元気ビーム送るからね~元気でオチャメなポーちゃんを待ってるよ(^^)/

soranままさま♪

(^-^)ありがとうございますぅ~、驚かせてしまいましたねぇ。。ご心配をおかけしてしまいました。
今回の病院の検査で、私もだいぶホッとできました。とっても詳しく調べることができたし、癲癇も発作の度合を把握することで決して怖いものでないと理解できましたのでね。
元気いっぱいsophyちゃんの元気ビームをもらったからには(*^^)vポーリーも、もう大丈夫です、パワー全開!
ありがとうございました☆

ポーリーちゃん大変でしたね。
癲癇ってよく聞きますが実際目の当たりにするとほんとうにオロオロしてしまいそうです。
でもちゃんと理解して対処方法、健康管理日頃のケアできちんと準備していれば大丈夫なものだったらね^^
大なり小なりなんらかの持病は誰でも持っているモンだと思えばばね^^
一山乗り越えてエイエイオー!と明るい未来のポーちゃんポー母さんのこと応援しています(p^-^)p

ローミー母さま♪

応援を頂戴して、嬉しありがたいポー家です(*^。^*)忘れた頃に起こす発作に毎度慣れずに、「このまま息とまらないで」とあたふたあたふたしておりました。
癲癇事態が怖すぎるものでないから、要観察で仲良く付き合っていこうと思えるようになりました。
ほんとにそうですね持病があることで、より病院とのお付き合いから健康管理もいきとどきますよね。。
このルル&ポーリーのステンドグラスパネルを毎日みては、また行くぞ!と励みになります。たくましくいくぞ~(^^ゞ
ありがとうございました☆

なんだか…読んでいて涙が出ちゃった。
セナの低血糖の発作を思い出しちゃって。

ポーリーちゃんも発作の時は辛いよね。すごく可哀相

でも、ポー母さんポーリーちゃん頑張って乗り越えていってほしいです。
見守り、発作がおきないように祈ることしかできないけど応援してますから☆

セナママさま♪

(;O;)セナちゃんも低血糖発作との闘いがあったのですね。セナママさんがセナちゃんを受けとめ抱きしめ力強くでも心はどこか不安で・・そして見守り乗り越えてこられたこと!とても感じました。私も、これを受け入れるまでの怖さがいつまでもあったのですが 薬で発作を起こさないようにコントロールできること、そして普段と変わらない生活が送れることを学び、付き合っていこうと心改めました。
応援をくださってありがとうございます。
早くポーリーの笑顔をアップできること、楽しみにしていてくださいませ(^^ゞ

この記事へのコメントは終了しました。

« 白&黒 | トップページ | おはよ☆ »